コミュニケーション

投稿日: 更新日:

最初に言い訳

最初に書いておくと、自分はいろんなところで言い過ぎて、 迷惑をかけたことが過去に何度もあります。 flameもよくやっていました。

年齢とともに少しずつうまく行くようになって来ましたが、 正直まだまだなところもあります。

特に余裕がないときは焦って雑なコミュニケーションになりがちです。 これは悪癖なので直したいのですが、 こういう特性があるのは理解してもらえたらとは思います。

HRT(謙虚・尊敬・信頼)についての自分の考え

エンジニアでのコミュニケーションに対する記事を読むとよく出てくるのが、 「心理的安全性のためにHRT(謙虚・尊敬・信頼)を大切にしよう」という考え方です。

もちろんこの考え方は大切だと思います。 ただ、HRTを実践するためには3つの前提があると思います。

1. 「チーム」であること

元となるGoogleの記事を読みました。

この記事の最初に、チームの定義があります。

  • ワークグループ: 相互依存性が最小限という特徴があり、組織または管理上の階層関係に基づいています。ワークグループのメンバーは、情報交換のために定期的に集まる場合があります。
  • チーム: メンバーは相互に強く依存しながら、特定のプロジェクトを遂行するために、作業内容を計画し、問題を解決し、意思決定を下し、進捗状況を確認します。チームのメンバーは、作業を行うために互いを必要とします。

自分はこの定義を見てショックを受けました。 なぜなら、自分は今まで「チーム」に属したことがないからです。 今まで属していたのは全て「ワークグループ」でした。

定期的にミーティングはありますが、基本的には周りの人が何をやっているか分かりません。 何のために仕事をしているのか分かりません。 そのような状況で効果的なチームを作るのは困難です。

2. 弱みを見せること

自分は「強みを生かす」ことが大事だと思っています。 しかし正直なところ強みが分からない人もいます。 そういう人たちにどのように接したらいいかが悩みでした。

しかし発想が逆だと気づきました。

この記事の中で、マネージャーのサカグチさんが自分の弱みを見せることで、 チームに心理的安全性が生まれたエピソードがあります。

自分はこれこそが本質だと考えます。

なぜなら「自分の強みが分からない人」はいるかもしれませんが、 「自分の弱みがわからない人」はいないはずです。

そしてある人が弱みを見せることによって、別の人にとっては相対的に強みになります。 それで十分だと思います。「他の人は○○が苦手だが、自分は苦にならない」のは強みです。

3. パフォーマンスの低い人を無視しないこと

これは元となったTeam Geekに 「3.4.2 アンチパターン:パフォーマンスの低い人を無視する」として書かれています。

自分はこれまで、 パフォーマンスが低い人(派遣で来てもらっている人)と仕事をすることがありました。 しかしそういう人を見ても、自分が手助けすることはできず、 不本意な形で去っていくことがありました。

正直自分はそういう人を見るのがつらいです。 なぜなら、自分に自信がないのが周りから見て分かるからです。

でもパフォーマンスが低い人と仕事をし続けると、今度は自分がつらいです。 どちらにせよ、パフォーマンスが低い人をそのままにするのはアンチパターンです。